忍者ブログ
飽きるまでは続けようと思う、何ともコメントし辛い趣味的なものを徒然と書くブログ。 オタ要素のみなので、受け付けられない人注意
[9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あくまで個人的主観ですが



何が面白いって、アインはカワイイし、ツヴァイはカッコイイしで文句無しなんだよね

私の地方では今日第3話だから、まだ第2話までしか観てませんが、それでも面白いと感じた
いやむしろ第1話の段階で「このアニメは今期一番の面白さだっ!」と確信できた


これからアインとツヴァイがどうなっていくのか…すごい楽しみです
なんせ第2話で訓練のお話があるのですが、その段階でツヴァイは感情を捨て去ることなく生きていくことにしたっぽいし

このアインとは逆の方向性での暗殺者ってのが良いんだよね



公式サイト:http://www.phantom-r.jp/index.html



言うなればアインは「感情を捨て去った殺人人形
それに対してツヴァイは「激情を内に秘めた殺人者
なんだよね

ただ命令のままに人を殺していくアイン
命令の中であろうとも自分が生きていくためだけに人を殺してくツヴァイ
そんな二人がペアとなって任務をこなしてく…それだけで興奮もんです


古今東西
真逆存在がチームを組むなんてことは良くあります

で、私はそういうのが大好きです
しかも両方とも性格的に私の好みです


何だこのクリティカルアニメは



ここから先どうなるのかなぁ…
やっぱツヴァイ的にはアインにも感情とか過去とか、そういうのを取り戻してもらおうと努力するのかなぁ…


そうなると、こっから先の展開が大きく変わってくる


第2話、銃の撃ち方をレクチャーされるツヴァイ。その時アインの胸が身体に触れてて…
ってシーンがありましたが、ソレを例にしての展開の変化を私の妄想ではありますがお答えしましょう

ちなみに、まぁアニメを観てる方なら知ってると思いますが、本来の反応は無反応です
この段階ではもう殺人人形に近づいてますから当然とは言え、不能を疑ってしまいます

で、最初はツヴァイのみが人形から脱していく場合
「あ、アイン…」
「なに?」
「その…胸が…///」
「胸がどうかしたの?」
「その……当たってるんだけど…///」
「そう、それで標準の合わせ方だけど――」
みたいな感じ
もはやツヴァイ一人がバカみたいです
まぁこんな妄想してる私が一番バカですが

…めげません
次いきましょう

次はアインも人形から脱していく場合
「あ、アイン…」
「なに?」
「その…胸が…///」
「胸がどうかしたの?」
「その……当たってるんだけど…///」
「えっ…? キャッ…/// …その…ごめんなさい…///」
「いや、その…こちらこそ…?///」





……





…………





ゴメン




もう何か
色々とゴメン
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
柄卯鳥
性別:
非公開
職業:
ニート? フリーター??
自己紹介:
自己満足文章サイト「緑の樹・縁の森」の管理人のブログ
飽きるまでは続けるつもりです
わたしのことを知って欲しい…何てキレイな理由じゃなくて、職場で話せない憂さ晴らしのために立ち上げました
後悔? …いずれするかもしれないな…
最新コメント
ブログ内検索
最新トラックバック
カウンター
アクセス解析

Copyright © 緑の別館 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]